乳腺の発達がバストアップに有効

MENU

胸を大きく変わらせるには

乳腺を発達させることはバストアップに有効とされています。

 

バストは、脂肪乳腺でできています。

 

脂肪が9割、乳腺が1割の比率です。

 

脂肪ばかりでは、形の良いバストにすることは難しくなるため、乳腺を発達させることでバストアップにつながるとされています。しかし、正しく行わないと最悪の場合は、乳がんへと発展してしまうケースもあるため、注意して行います。

 

健康的に乳腺を正しく発達させバストアップを目指すためには、食事の見直しです。

 

人間の身体に必要な栄養は食事からとりいれます。

 

そのため、日々の食事は重要になります。バストアップを目指す際には、ホウ素の一種であるボロンが含まれた食べ物を積極的に食事に取り入れることです。

 

ぶどうやりんご、梨などの果物やナッツ系、海藻類、キャベツ、レーズン、寒天などに含まれています。

 

ボロンは、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を増やす働きや骨を作るために必要なビタミンDを活性化させる働きもあります。

 

ボロンは熱に弱いため、生のママ食べることが理想です。より効果的に働かせるためには、ビタミンDを含む食品である卵黄やしめじ、しらす、いわしなどとあわせて摂取することです。他にも、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするイソフラボンが含まれている大豆やおから、納豆、豆腐なども効果が期待できます。

 

乳腺を発達させるためには、ストレス解消が必要です。

 

ストレスを過剰に抱えているとストレスによりホルモンの分泌が正常に行われなくなるため、乳腺の発達に影響が出てきます。

 

知らないうちにストレスは溜まっていくため、ストレスフリーの生活は難しいですが、ストレスを軽減する努力を行います。

 

ストレス解消には、泣くことや寝ること、音楽を聴くことなど自分の好きなことを行う時間を確保します。泣くではなく笑うことにもリラックス効果はありますが、泣く方がリラックス効果が高いため、感動するDVDなどで泣くとすっきりすることができます。
また、睡眠不足もホルモンの分泌量が減ってしまう原因となります。安定してホルモンを分泌させるためには、安定した睡眠が大事になります。すこしでも早く寝るなどの工夫を行うことです。

 

>>ベルタプエラリアで豊胸できるのか?