多岐に渡るバストアップ方法について

MENU

決められたツボをきちんと押して…。

ツボ押しは手軽に自分で行える健康法の一つですが、体の不調を改善したり予防するだけではなく、リラックス効果や美肌・美髪効果も期待できます。

 

ツボは全身にあるため、特定のツボを刺激することで、体の悩みの解消にも役立ちます。

 

バストアップの効果が期待できるツボもあるので、バストが小さい人にもツボ押しはおすすめです。

 

ツボ押しとバストアップは一見関係がないように思えますが、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促す効果があるツボを刺激することで、血行が良くなると同時にリンパの流れも良くなり、柔らかく弾力のある胸を作ります。

 

胸は主に乳腺と脂肪でできていますが、豊かな胸を作るポイントは乳腺を刺激し、発達させることです。

 

エストロゲンが分泌されると、乳腺が発達するので、バストを大きくする効果が期待できます。

 

ツボ押しの初心者でも分かりやすいバストアップに効果のあるツボをご紹介します。

 

壇中(だんちゅう)は、左右の胸の間にあるツボで、押すと少し痛みを感じます。

 

人差し指と中指でゆっくりと押し、少し痛みを感じた時点で5秒保ち、ゆっくり力を抜きます。
これを5回繰り返します。

 

このツボは、エストロゲンの分泌を高め、ストレス解消や肌を美しくする効果があります。
次は、乳腺を刺激する天渓(てんけい)です。

 

左右の乳首に親指を置き、そのまま脇に向かって真っすぐスライドさせると、胸と脇の境目に当たります。

 

そこにある骨と骨の間にあるツボが天渓で、少し押すと痛みを感じます。

 

親指で下から押し上げるように左右のツボを同時に刺激します。

 

ゆっくり押して、5秒保ち、ゆっくり離すという行為を5回繰り返します。

 

渕腋(えんえき)は、乳首から約10p外側にあり、腋の下に位置します。

 

天渓とよく似た位置にありますが、渕腋は天渓よりも下にあります。

 

肌にハリを与えるので、バストにもハリが出てきます。

 

また、姿勢を良くする効果もあるので、美しい胸を作るサポートになります。

 

天渓と同じように、ゆっくりと親指で刺激を与えます。

 

ツボ押しは、強く押した方が効果が高まるわけではなく、逆にストレスになる場合もあります。

 

ですので、心地よいと感じるくらいの力加減で行いましょう。

 

そして、何よりも継続することが、望む効果を実感できるポイントになります。

 

ツボ押しを習慣にして、豊かで美しいバストを手に入れましょう。

 

 

>>ベルタプエラリア