胸の形を整えたい時に行うバストケア

MENU

形を整えればサイズアップにもつながる!

ベルタプエラリア

 

胸はただ大きければいいというわけではありません。

 

理想的な形には個人差がありますが、一般的には丸みのある半球型で鎖骨の中心から左右の乳首までと左右の乳首を結んだ線が綺麗な三角形であればよいと言われています。

 

特に日本人には、外向きに向いていて離れた状態になっている方が多いです。

 

 

原因としては、からだに合っていない下着を着けていることです。

 

締め付けの強いブラジャーは苦しいですが、正しくブラジャーをつけていないと胸が離れてきます。

 

そのため、自分のバストに合ったブラジャーを着けて、形を整えていきます。そのためには、まず自分のバストサイズを正しく知って、締め付けすぎて血行を悪くしないものを選びます。

 

自分に合ったサイズがわからない方は、店員の方のアドバイスを参考に決めます。また、長時間ブラジャーを着けていないと脇や背中に胸の脂肪が流れて崩れていくため、寝ている間もブラジャーを着けて、極力ブラジャーを着けていない時間を短くする必要があります。

 

また大胸筋は、バストが垂れるのを防いで形を保つために重要な役割を果たす筋肉です。

 

加齢とともに筋肉が衰えることで垂れてくる原因には、大胸筋を鍛えることが効果的です。しかし、トレーニングの方法を間違えたり毎日続けないで、気が向いた時に時々行うのでは効果はでません。

 

大胸筋を鍛えるには、正しい方法で少しの時間でも毎日続けることが必要です。大胸筋を鍛えるほかにも筋トレで、バストが垂れるのを予防し、ハリを取り戻すことができます。

 

お風呂の中でマッサージすることも効果的です。背中や脇の下、バストの筋肉までほぐしていくことで血行が良くなり、栄養をしっかり運んでくれて乳腺にもホルモンを運んでくれます。

 

マッサージの刺激をうけることで、ツヤやハリを取り戻してバストアップにもなります。

 

胸は大きさだけが重要なのではなく、形を整えることでサイズアップにつながったり、ハリのある美しいラインになります。