胸に妊娠線

MENU

胸にできる妊娠線を一般に授乳線と呼ぶ

ベルタプエラリア

 

妊娠線は妊婦特有のものです。

 

妊娠すると徐々にお腹が大きくなりますが、急激に大きくなる5か月頃からは皮膚が伸び方についていけずに裂けてしまうため、それが跡として残ってしまうのです。

 

そして妊娠線の出方は肉割れのようにひび割れたり、何本もの線状になったりと人それぞれ異なる上、出来る部分もヒップや太もも・胸など様々です。

 

例えば、胸に出来る妊娠線のことを授乳線と呼びます。

 

多くの妊婦が授乳線は見過ごしてしまいがちなので、特に注意が必要です。

 

妊娠すると、来る授乳に備えて胸の大きさも変化していきます。

 

これには個人差がありますが、中には2カップも大きくなる人もいるそうです。

 

その訳は母乳を作るために乳腺と乳管が発達し、乳腺の周りには脂肪がつくため胸が大きくなるのです。
そしてやはりこの時も、急激な皮膚の伸びについていけず裂けてしまい跡として残ってしまうのです。

 

一度妊娠線が出来てしまうと、薄くすることは出来るものの完全に消すことは出来ません。

 

そこで胸が大きくなり始める前から毎日ちょっとしたケアを行うことで、授乳線を予防することが大切です。

 

授乳線が残らないようにするにはとにかく保湿を心掛け、皮膚が乾燥しないようにたっぷり水分を与えるようにします。

 

そこでお風呂上りには毎日乳液や妊娠線予防クリームなどを塗って保湿をすると、潤いのあるお肌になり、皮膚が伸びても裂けにくくすることが出来ます。塗り方は、手にクリームを取り胸を優しく包み込むように伸ばしていきます。

 

胸を強く刺激すると子宮に伝わって収縮を引き起こすこともあるので、とにかく擦らず優しく塗るようにします。初期症状としては皮膚のかゆみを感じることがあるので、もしもお腹周りや胸などにかゆみを感じたら、特に保湿を心掛けるようにします。

 

また、それと同時に体重が増えすぎないように注意することも大切です。なぜならば体重増加は脂肪の増加にも繋がり、それに伴い胸も急激に大きくなってしまうからです。

 

特に妊娠中は、食の好みが変わったり特定の食べ物を食べたくなるなど食に関しては大きな変化が見られることがあります。そこでカロリーを考えながら、出来るだけバランスの良い食事を摂るように心掛け、適正な体重増加となるようにします。

 

また、出産後はバストの悩みが増えるでしょう。そんな時は、ベルタプエラリアで内側からケアしてあげると良いですよ。